関税とは何か わかりやすく解説

海上輸送に対しいて関心をもっと高めれば、当然そこには、「関税」というキーワードも浮上するでしょう。

あなたは、関税という言葉をどうとらえていらっしゃるでしょうか。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上輸送 関税のメカニズム

海上輸送における関税のメカニズムについてここで考えてみましょう。

みなさんも、関税という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、おおかた多くの人たちは、関税にそれほどくわしいということではありません。もう少し、関税と近くで向きあっていただきたいですね。

普段なかなか関税と向きあう機会もないので仕方がないのかもしれませんが。しかし、これから海上輸送の仕事に関わるという人たちもいらっしゃるでしょう。

関税とは、 他の国から商品を輸入するときに輸入する国側が商品に掛ける「手数料」のことです。

関税がどうして存在しているのかといえば、安く輸入できる外国の商品ばかり購入してしまうリスクを抑えて国内における産業を守っているといういい方もすることができます。

どのようにして関税が決まるか

果たして、関税はどのようにして決定されるのでしょうか。

関税は税金の種類のひとつであり、種類や税率と言ったものは、法律や条約で決定されていきます。

無税というものもありますが、それ以外は、関税は支払いしなければならないものです。

しかし、様々な原因で、関税率は決められた範囲の中で変更されることがあります。

特殊関税

関税には、更にWTOの協定で定められている特殊関税というものがあります。

国から補助金を受けた生産商品が輸入の場合、本来より価格が安くなってしまうから、産業が脅かさないように、採用される関税によってもコントロールがされています。

そして、ダンピング(不当廉売)防止策として、不当廉売関税というものも設定されることがあります。

また、 不当な扱いを受けてしまった場合、報復関税を仕掛けることもあります。商品の輸入に関して不当な扱いがされていると判断されることもあるでしょう。そのような事態のとき、その国から輸入される商品に対して、課税をすることができます。

また、輸出国の経済状況によって、突然輸入が増加傾向になることがあります。そのようなシーンにおいて、大量に入ってくる商品により、国内産業が重大なピンチと判断されたとき、緊急の対策として課すことができる関税です。ただし、期間を限定する必要はあるでしょう。

このような関税のシステムによって、バランスがうまく維持されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です