コンテナの種類 鉄道(JR)用私有コンテナ

海上輸送において、コンテナは、なくてはならない存在ですコンテナを製造している企業は地味という感じもしてしまうでしょうか。ただし、海上輸送において、コンテナは必要不可欠な存在であり、「縁の下の力持ち」的存在であることは間違いありません。

日々、コンテナの設計から製造までを手がけている企業があります。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナの種類

おおかた、コンテナといえば、一つのタイプのことを言うという認識があるのかもしれませんが、もっと詳しく見ればコンテナにもいろいろな種類があり様々なシーンにおいて、様々なコンテナが活躍することになります。

戦略的物流改革を提案するコンテナは、あらゆるニーズに答えなければならないでしょう。

コンテナは、輸送モード(鉄道輸送、海上輸送用)に対応、積載物品(原材料、製品、産業廃棄物など)に対応、また、倉庫として使用するものまで、様々な製造、販売が行われています。

現在、コンテナには、環境用コンテナ、特殊用途開発コンテナ、鉄道(JR)用私有コンテナ、倉庫用コンテナ、内航用海上コンテナ、ISO国際海上コンテナといった種類があります。また、コンテナメンテナンスともしっかり向きあう必要があります。

今回、ここで、特に鉄道(JR)用私有コンテナというものが何かピックアップしてみました。

鉄道(JR)用私有コンテナとは

果たして、鉄道(JR)用私有コンテナとはどのようなタイプのものをいうのでしょうか。

コンテナは、様々な鉄道輸送用コンテナとしても提供されています。地球にもとても優しい、モーダルシフト対応コンテナであり、31フィートフルウイングコンテナのラインアップもあります。

12フィート背高両側開きコンテナ U20A

12フィート背高両側開きコンテナ U20Aは、鉄道用の12フィートコンテナです。

両側開きと、側・妻開きのタイプがあり、通風機能、保冷機能もプラスα備えることができます。

12フィート背高両妻一方開きコンテナ U19A

12フィート背高両妻一方開きコンテナ U19Aは、精密機器専用のコンテナです。

ラッシングシステムなど、お客様のリクエストに答えることができます。

31フィート妻一方開きコンテナ U52A

31フィート妻一方開きコンテナ U52Aは、31フィートの妻一方開きのタイプです。

床には、パレローダ用のレール。価格も非常にリーズナブルです。

31フィート妻一方開きコンテナ U54A

31フィート妻一方開きコンテナ U54A は、コンテナの上部隅金具を改良、2641mmの高さでも青函トンネルを通過することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です